2015年~現在
年間最大生産量24万㎥でロータリー加工により高品質な単板を供給する単板工場が稼働しています。

同様に年間生産量24万㎥の製材工場も稼働中です。

又、ペレット工場の建設が始まっています。第一段階として2020年に年間10万トンの生産を開始します。第二段階(2020-2022年)では生産量を13.5万トンまで増加します。
2008年~2015年
事業規模の拡大や木材調達量の著しい増加が 発生しました。年間生産量30万m3のベニヤ単 板工場の建設を実施しました。このプロジェクトは極東地域における木材事 業の優先的投資プロジェクトと位置づけられ ました。製材工場の建設を開始しました。
2007年~2008年
RFPは公開型株式会社アムール船舶会社の株主 になりました。以降船舶会社は当ホールディ ングの輸送と物流の部門を担うことになりま した。ハバロフスク地方及びアムール州における木 材加工工場の建設に関する準備作業を開始し ました。極東地域において大手業者である非公開型株 式会社フローラの資産の取得によってRFPの 許容伐採地の面積は20%以上増えました。
2005年~2007年
当時のRFPの許容伐採地の面積の増加はハバ ロフスク地方、沿海地方とアムール州の木材 業者の資産の取得によるものでありました。
2004年~2005年
1930年から木材調達、木材加工、アジア太平 洋諸国への木材の販売などを基本事業として きた公開型株式会社ダリレスプロムを基盤に して2004年末にRFP運営会社を創設しまし た。
1980年~1990年
ダリレスプロム社とアムール船舶会社の民営 化を行いました。
1930年~1970年
全体の森林産業はダリレスプロム社のもとに 発展しています。 ダリレスプロム社による年間木材調達量は最 大2000万m3と記録しました。アムール川の汽船航行開始の100周年記念日 がきっかけで1954年にアムール船舶会社に労 働赤旗勲章を授けました。 .
1918年~1922年
アムール商業船舶会社は国有化され、アムー ル国営船舶会社に改名されました。
1854年~1892年
1858年に初代のアムール会社が創設され、事 業分野が拡大するにつれて会社も成長し、 1871年に新規定款を採択しアムール船舶合資 会社に改名されました。 1892年にアムール船舶合資会社はアムール商 業船舶会社に編成され、500隻以上の船舶を所 有した159名の船主を統合しました。