私たちの顧客は私たちの製品の合法性を確信することができます、それはPEFC証明書によって確認されています。 RFPホールディングの林業活動は、森林の継続的な更新、保全、合理的な利用を確保することを目的としています。
2018年以降、RFP森林産業ホールディングは、PEFСシステム(森林認証の承認プログラム)に基づく自主的な森林認証に参加しています。 このプロジェクトの一環として、RFPホールディングは、ハバロフスク地方と、アムール州と、および沿海州でこの会社が所有する企業が借りる森林基金全体を認証する計画があり、総面積は410万ヘクタールで、許可される年間伐採量は390万立米です。
RFPグループホールディング持ちのPEFCシステムによって認定された企業の構造は次のとおりです。
  • — FP伐採閉鎖株式会社(SGS証明書がPEFC-ロシア-003)は、森林基金のテナントを持つ伐採企業を管理しています。伐採企業はDallespromオープン合資会社、Floraオープン合資会社、Komsomolsk木材保持公共会社、Jeltulakles公共合資会社から成っていて ;
  • — 加工企業であるアムールスク製材公共合資会社(証明書RU18 / 818418718);
  • — 商社であるRFP Trading House公共合資会社(証明書RU18 / 818418726)です。
  • — RFP Wood Pellets (証明書RU20/818419301
RFPは、持続可能な森林管理および森林管理の基準に対する企業のダレスプロムオープン合資会社の企業グループの取り組みを宣言します。
同社は、生産の基本的な側面の中で最も重要なのは持続可能な森林管理であることを認識しています。 会社の競争力、経済発展、成長を達成したいという私たちの願望は、健全な環境、森林資源の無尽蔵な利用、会社の従業員の社会的幸福、そして会社の領土に住む北部の地元住民と先住民族と密接に関連しています。
会社のポリシーに反映されている基本原則の遵守は、会社の生産およびその他のプロセスの編成の基礎です。
Drupal 7 Appliance - Powered by TurnKey Linux